睡眠環境・寝具指導士おすすめ!快適な睡眠に「タオルケット」

睡眠環境・寝具指導士おすすめ!快適な睡眠に「タオルケット」

快適で心地よい眠り、1日の終わり睡眠をもっと快適に

長時間眠ったのに体の疲れが取れない、

起きた時に何だか身体が重たい気がする、睡眠に関する悩みはいろいろとありますよね。

特に梅雨のジメジメや熱帯夜など寝苦しい夜が増えくるシーズンは要注意です。

 

良い睡眠、良い睡眠環境とは?

眠る人

 

「寝つきがよく、ぐっすり眠れて、寝起きもすっきり」 身体と心を整え、リフレッシュできたのが良い睡眠。
睡眠時間は短かすぎても長すぎても良くなくて、改善には、睡眠環境(温度・湿度、光、音、等)が重要。
冷房で快適な温度に調整することも大切ですが、しっかり良い睡眠をとるためには、寝床内環境(布団の内側のこと)もポイント。

快適な室温と寝床内環境とは・・・

一般的に快適に眠れる室温は、1626℃程度。湿度は通年で50%前後がベスト、とされています。
また、寝床内環境(※布団の内側のこと)は、温度が33℃前後、湿度が50%前後といわれています。

もちろん、年齢、体型、性別など個人差もありますが、年間を通して大切なのは、暑くもなく寒くもなく、ぐっすり寝れたのか、がよい睡眠のポイント。

暑くて、じめじめとした夜には、環境を整えるのに肌ざわりや吸水性も重要。だからコットンのタオルケットが活躍します。

 

 

これからの季節に備えて、
眠る時に使うもので、すこし眠りの環境を整えてみてはいかがでしょうか?

これからの季節におすすめのタオルケットの特長をご紹介します。

タオルケットは1枚のタオル地なので、軽くてやわらか。
通気性や吸水性にもすぐれ、汗をかいても肌にまとわりつかない生地です。
肌触りは快眠にとって非常に大切。
寝ている間に人は一晩で、汗などコップ1杯くらい(約300ml500ml程度)放出します。
汗を素早く吸収してくれるので、高温多湿な日本の夜の寝苦し夜や、寝ている間に汗をかいて寝冷えをしやすい時期にも心地よく使えて、
冷房が直接あたるのを防いでくれるだけでなく、程よい快適な体温が保つのにも最適です。

ご家庭で洗える、お手入れが簡単さが便利。
ほとんどの布団や寝具はご家庭で洗えませんが、綿素材のタオルケットは
「汗をかいたな……」とい時にご家庭で洗濯ができるし、軽いので干しやすく、天気の良い日には乾くのも早い優れものです。
清潔に寝具を整えるだけでも気持ちよく眠る環境作りになります。

快眠

冷え性の方には、タオルケットだけでは物足りない、こともあるかもしれません。
保温性もありますが、そんな場合は綿毛布や肌掛ふとんと一緒に合わせてお使いくださいね。

 

今回ご紹介する商品は、すべて天然素材、綿100%のタオルケット。

吸水性がよく汗をかく季節にもピッタリです。

同じ室温では、湿度が高いと深い睡眠が得られにくいともいわれているんです。

綿素材のタオルケットなら、お手入れも簡単で快適にお使いいただけます!

 

「タオルケット」の商品はこちら>

『タオルケット』のサイズや特長とは 詳しくはこちら>