季節のご挨拶・夏のお中元

季節のご挨拶・夏のお中元

 

【早割】でお得! 500円引きクーポン ご案内中

2022-お中元

★★クーポンコード★★
summergift2022 
  (半角英数字)
 
クーポン利用期間:
7/19(火)12:00まで
 
商品購入金額が5,500円(税込)以上のお買い上げでご利用可能
 
・他のクーポンとの併用はできかねます。 
・お一人様、一回限りのご利用となります。
・ご利用には会員登録・ログインが必要です。 
 
   
    
   

 

 

日本の夏のご挨拶といえば、「お中元」。

お世話になった方へ日頃の感謝の思いを伝えるために贈り物をすることです。

中元とは、道教の習俗の1つで、旧暦715日のことです。
もともと中国で旧暦の715日の「中元」に、仏教の年中行事である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が行われていたことが混ざって、祖先の霊を供養する日とされるようになり
江戸時代以降は盆の礼として親類やお世話になった人に贈りものをする習慣へと発展して、現在のような形になりました。

 

いつ贈る?「お中元」の時期は地域によって違います

お中元は、7月初旬からお盆の8月15日までの約1ヶ月間が一般的な贈る期間ですが、地域によって異なります。お届け先の地域に合わせて贈るようにしましょう。

日本全体的には、関東首都圏の影響を受けか、他の地域でも早めに届けられる方も増えてきています。下の時期は、一般的な例です。

 

お中元時期

 

東北と関東:7月初旬~7月15日までにお届けするのがお中元。7月16日~は、「暑中御見舞」や「暑中御伺い」、立秋以降は「残暑御見舞」」「残暑御伺い」

北海道:7月15日~8月15日に贈られるのがお中元。

北陸:関東と同じ時期に贈る地区と、北海道と同じ時期にく贈る地区に分かれのでご注意ください。

東海・関西・中国・四国:お中元は、7月中旬頃~8月15日までに贈ることが多いようです。

九州:8月1日~8月15日までがお中元。

沖縄:旧暦の7月15日までなので、暦をご確認してください。

 

お中元の時期をのがしたら、立秋以降は「残暑御見舞」」「残暑御伺い」で。

「暑中御見舞」「残暑御見舞」といえば、ハガキなどで届くお便りやメッセージ、というイメージが多いのではないでしょうか。

しかし、東北と関東地域では、7月16日以降は、「暑中御見舞」や「暑中御伺い」と表書きで贈り物もされるようです。立秋以降は「残暑御見舞」」「残暑御伺い」も選ばれます。

これも地域で慣習が違うので贈る時は、のしやお返しのマナーなど気をつけて、先様にあわせたマナーで贈ることが大切です。

 

お中元のお返しやお礼は?

お中元は、贈り主が日ごろの感謝を伝えるための贈り物なので、受け取ったらままでも大丈夫。お返しはいりませんが、貰ったままはと思われるなら、時期に合わせて、表書きを選ばれて贈り物をされてはいかがでしょう。

「暑中御見舞」「残暑御見舞」としてお礼状を送られるのも、素敵なおつきあいです。